ブレッドボードの組み立て


より IchigoJam の仕組みを知るために、ブレッドボードで IchigoJam を組み立てるのも良いでしょう。

このページでは機能毎にパーツと回路をご紹介します。

 

PCN や IchigoJam 販売店で ブレッドボード版 が存在しますが、ここでは独自に整えたパーツで紹介しています。

そのため、ブレッドボード版 のパーツとは異なる事にご注意下さい。(後に対応する予定です)

 

PCN で IchigoJam ブレッドボードキットを扱っています。USB-シリアルモジュール 以外は揃います。

 

PRODUCT | PCN


最小限必要な回路

必要なものは次のとおりです。

  • ブレッドボード
  • ジャンパワイヤ オス-オス・オス-メス
  • LPC1114FN28 ( ファームウェア入りCPU )
  • LED
  • 330Ω 抵抗
  • USB-シリアルモジュール
  • 3端子レギュレータ など (3.3V を生成する場合)

次の接続を行えば IchigoJam は動作します。

  • GND-GND
  • VCC-3.3V
  • TXD-RXD
  • RXD-TXD

GND と VCC は右側であれば動作します。
また最初は LED も付けておくと良いでしょう、

LED の長い方を LED 端子に、短い方は 330 Ωの抵抗を経由して GND へ接続します。

 

電源オン・オフはスイッチを付けなくても、3.3V 端子の抜き差しで行えます。

 

安定動作できているようであれば、LED 部分は外す事も可能です。
USB-シリアルモジュールと LPC1114FN28 を接続するだけで動作してしまいます。

 

CP2102 チップの USB-シリアルモジュールは

3.3V 端子があるので、直接接続して動作します。


これでターミナルソフト等から使用できてしまいます。

簡単〜〜〜


注意

USB-シリアルモジュールは CP2102 以外のチップでは 5V 仕様固定の場合があります。

5V を直接 VCC に接続すると、最悪 CPU を破損させる事があります。

この場合は必ずレギュレータなどを経由し 3.3V にしてご利用下さい。

 

IchigoJam のピン配置を印刷したい

運営者が公開しているピン配置があります。こちらをご利用下さい。


TOOL/CPUピン配置


ファームウェア(ISP モード)

新たに必要な物 ジャンパワイヤ オス-オス

プリント基板同様に電源を切り(VCC・3.3V を抜いて)
ISP と GND を接続した状態にして 3.3V を接続して下さい。

LED が点灯すれば ISP モードになっています。

クリスタル (水晶発振子)

クリスタル(水晶発振子)を付ける場合は、プリント基板版同様に

IchigoJam 端子と @taisukef または by jig.jp の端子に

12MHz クリスタル を接続します。



RCA ビデオ出力

新たに必要な物 RCA ジャック DIP 化キット・抵抗 2 種類

IchigoJam の VIDEO1 を 470Ω 抵抗(黄紫茶金)、
VIDEO2 を 100Ω 抵抗(茶黒茶金) を経由して
HOT に接続します。もう一方は GND 接続です。 

aitendo 製の基板に抵抗を半田付けできる一部の商品で

上記と異なる抵抗値が印刷されているものがあります。

上記の抵抗値にしないと画面が正常に映りません。

PS/2 キーボード入力

新たに必要な物 ミニ DIN コネクタピッチ変換キット

GND、KBD1(CLK)、KBD2(DATA)、5V(VCC) の4端子を接続します。

右図のとおり接続して下さい。

(上面から見た状態の配置)

キーボード端子は VCC 表記でも

5V 接続となる事にご注意下さい。



ボタン

新たに必要な物 ダクトスイッチ など・抵抗

ダクトスイッチの場合は片方が GND、

もう片方が BTN と 1MΩ 抵抗 (茶黒緑金) 経由で VCC へ。

その他、プリント基板版同様に拡張が可能ですが、

拡張しすぎると動作がおかしくなる可能性が高くなります。

またショート・混線して誤操作する事も多くなります。