IchigoJam の種類


IchigoJam 公開時はユニバーサル基板にパーツを半田付けしたものでした。

それから 3 ヶ月でプリント基板を公開しています。

このプリント基板を イチゴジャム レシピ では「IchigoJam 初代プリント基板」と区別表記しています。

 

現在 IchigoJam は PCN と IchigoJam 販売店 による IchigoJam 以外に

他の団体・企業・学校・個人などが開発している IchigoJam 互換機が存在します。


IchigoJam 本体 (PCN・IchigoJam 販売店仕様)

当初は 福野 さん個人より IchigoJam 初代プリント基板が公開されましたが、
数ヶ月で PCN の販売へ切り替わっています。PCN 販売部門は ナチュラルスタイル が行っています。
毎年 6 月~7 月に新しいプリント基板が公開・発売開始されています。

これ以外にパーツの付け外しができるブレッドボード版も発売されています。以前はビスケットボード版もありました。

 

現在 IchigoJam はネットの他、電子部品を扱うところを中心に全国の実店舗で販売されるようになってきました。

購入する - IchigoJam 公式サイト でいくつか紹介されていますが、現在これ以外にも多くの店舗で扱いがあります。
(扱っている店舗がとても多くなり、公式サイトへ更新しきれなくなっているようです)

 

ネットショップとしては、IchigoJam のみの入手が目的であれば

プリント基板やファームウェアが最新になっている PCN から直接買うのがおすすめです。

定型外郵便での配送なので、送料も安値になっています。

他にも周辺機器などを一緒に買う用途があれば、他の IchigoJam 販売店 からでも良いでしょう。

ただし IchigoJam 販売店では入荷時点のファームウェアで、古いバージョンになっている可能性があります。

また 2018年現在でも IchigoJam 初代プリント基板 や IchigoJam U を未だに扱う販売店があります。

 

IchigoJam の製品は基本的に PCN が直販または PCN から卸して販売を行っています。

(現在事実上 jig.jp と子会社 B Inc. は IchigoJam の製品を販売していません。ライセンスの発行など関係契約のみです)

ただし、自店舗のパーツを用いて独自に商品化したり、互換機として商品販売する動きがあります。

 

それ以外にも、例えば ヨドバシカメラ・yodobashi.com も IchigoJam 各種商品を扱っていますが、

PCN から直接卸しているのではなく、書籍以外は 共立電子産業 および I-O DATA 経由で IchigoJam を扱っています。

 

下に記載の価格は PCN の販売価格で、多くの IchigoJam 販売店でも同じ価格で販売していますが、

一部正規 IchigoJam 販売店でも場所によって異なる価格で販売が生じている場合があります。

しかし、価格に差がありすぎる業者の存在を確認しています。

これは正規販売店ではなく、別の販売店から入手して価格を上乗せして再販している業者と思われます。ご注意下さい。


IchigoJam S

2018年7月より PCN で発売が開始された公式な IchigoJam プリント基板です。

S の省略形は決めてなく、U、T と続いたので、その前のアルファベット S にした、という経緯だそうです。

IchigoJam T の改良版で、先行公開されていた IchigoJam - jig.jp 15th anniversary edition と同じ基板配置になっています。

  • 壊れやすい部品 スライドスイッチを強化。(IchigoIgai や DakeJacket で先行採用されています)
  • LPC1114FN28 向け端子を削除。(ピンソケットの半田付けミス防止。また LPC1114FN28 は入手困難になっています)
  • 電源 microUSB 端子は表面で半田付けするように。(ピンを曲げずにそのまま半田付け可能です)
  • パーツのランド間を調節。(より半田付けしやすいようになっています)
  • 基板印刷のピン端子は従来のラベル表記に合わせた印刷に。(ラベルは IchigoJam T を継承しているようです)

PCN では 2018年7月11日 より発売開始されています。
他の IchigoJam 販売店でも順次従来のプリント基板から更新されると思われます。
運営者が入手次第、画像を追加する予定です。

 

Yuichi Matta さんの投稿 | Facebook グループ IchigoJam-FAN 内 - Matta さん(松田さん)は PCN 代表・na-s.jp 社長です。

女優さんもIchigoJamはんだづけ! 光るアイスのプログラミングと録画できるデジタルメガネ - Innovative Tomorrow | 福野泰介の一日一創

150枚限定、IchigoJam - jig.jp 15th anniversary edition | 福野泰介の一日一創

 

販売構成は IchigoJam T と同等です。U 以前の「プリント基板キット」は、
T 以降半田付けが難しい CPU だけ予め半田付けされた「プリント基板ハーフキット」が相当となります。

CPU の半田付けがない分、半田付け作業時間は少なくなります。

 

IchigoJam プリント基板ハーフキット S

CPU は半田付け済みです。他の部品をはんだ付けしていきます。

IchigoJam 組み立て済完成品 S

半田付け済みですぐ使えます。



IchigoJam T

IchigoJam U に代わる公式な IchigoJam プリント基板 3 代目で、2016年7月より PCN で発売開始されました。 

その前から IchigoJam 開発者 福野 さんがブログを中心に公開されていました。

「T」は Triple からきています。英語・ギリシャ語・ラテン語で「3」を意味する接頭辞、3 代目のプリント基板です。

 

2016年7月20日より PCN で 組み立て済完成品 が最初に発売されています。(IchigoJam U に代わって販売開始)

2018年7月11日 IchigoJam S の販売開始と共に生産が終了されています。
PCN では販売が終了し、IchigoJam 販売店の在庫のみとなっています。

 

従来 IchigoJam で採用されていた LPC1114FN28 の供給が難しくなってきたため、

対策として相当品でサイズの異なる LPC1114FDH28 に対応しています。(LPC1114FN28 も使用可能です)

LPC1114FDH28 使用時は通常基板へ半田付けとなるため、CPU 交換は行えなくなります。

(SOP-DIP 変換基板を用いると交換可能です)

また、キーボード端子が PS/2 に変わって USB 端子に変更されています。(ただし PS/2 対応キーボードである事が必要です)
CN5 端子は EEPROM 関連の割り当てが行われています。

それ以外の構成は一緒ですが、mixroUSB 端子・LED・コンデンサなど、

従来とは異なるパーツが採用されているところがあります。

 

Twitter @yrm__ さん (Yuichi Ray Matta さん) の投稿より

#IchigoJam | 福野泰介の一日一創 - IchigoJam 開発者のブログ。以前から IchigoJam T の画像がいくつか公開されています。

プレスリリース | jig.jp - aitendo との共同開発である事が紹介されています。

 

IC ソケットは半田付けせず、四つ角のピンを曲げて使用します。その上にピン配置ラベルを貼ります。

 

販売構成は次の通りになっています。

  • プリント基板ハーフキット PCN 本体価格 1750 円 (消費税別・税込価格 1890 円)
  • 組み立て済み完成品 PCN 本体価格 2000 円 (消費税別・税込価格 2160 円)
  • プリント基板完全キット PCN 本体価格 1500 円 (消費税別・税込価格 1620 円)

下は運営者が PCN から 2016年8月に入手した IchigoJam T 組み立て済み完成品です。
(ハーフキットを入手して半田付けできますが、販売当初は組み立て済み完成品のみだったため)

 


PCN では IchigoJam T とほぼ同じ基板による IchigoLatte プリント基板 が発売されています。

詳細は IchigoLatte/使い方 で紹介しています。

 


 

aitendo は互換基板「ai.Jam-T」として同等基板を販売しています。

IchigoJam T の互換機が多数公開されてきていますが、その中でもネット通販や店舗で入手しやすいです。

これにベーシック部品ボックスでキット版相当になります。
ただし、CPU にファームウェアは入っていませんので、書き込みが必要です。

面実装版は LPC1114 の半田付けがありません。半田付けの難易度が高いです。
(LPC1114FN28 代用で少しやさしくなりますが、コンデンサの難易度は高いです)

 

ベーシック部品ボックス | aitendo

IC実装済みIchigoJam-T互換基板 | aitendo

 


ガーバーデータ

IchigoJam T ではガーバーデータが公開されています。

このデータは CC BY ライセンスとなっているため、

営利目的も含めて自由に使用する事が可能です。

このカーバーデータが公開されている事により、
IchigoJam T の互換機がいくつか公開されています。

 

ダウンロード | IchigoJam 公式サイト

 

右は Linux(Linux Mint)で gerbv を用いて

ガーバーデータを表示しています。

 

配布を行う場合、状態によっては

IchigoJam ライセンスが必要な場合があります。

公式サイト のお問い合わせ先へお問い合わせ下さい。


IchigoDake・IchigoIgai・DakeJacket

IchigoDake

 

PCN より 2017年4月 に限定販売後、反応により 2017年6月 より量産販売されました。

2017年4月の限定販売時、IchigoDake は BASIC(ファームウェア IchigoJam BASIC)のみで
面実装タイプの抵抗・コンデンサ・LED が採用された完成品でしたが、

量産販売版は半田付けを行うハーフキットになっています。そのため IchigoDake は基板・パーツが異なります。 

量産販売版の IchigoDake は BASIC と JavaScript があり、BASIC はファームウェア IchigoJam BASIC を含みます。

JavaScript は IchigoLatte です。構造と端子が同じなので、IchigoDake を交換して使用する事ができます。

 

IchigoDake は CPU・LED・ボタン など、IchigoIgai には電源スイッチ、圧電サウンダ、各端子と分割されていて、

IchigoIgai は教室や自宅に置き、IchigoDake は持ち歩く事を想定しています。

IchigoIgai の隅 4 ヶ所の穴は他の IchigoJam・IchigoLatte プリント基板同様にスペーサーなどで足を付けるための穴ですが、

IchigoIgai で LED とボタンの間にある穴は付属のヒモを通すための穴になります。(ヒモは首にかけるなど)

 

IchigoDake と IchigoIgai を接続した状態は IchigoJam T+圧電サウンダ

または IchigoLatte プリント基板+圧電サウンダ と同等になります。

ただし IchigoDake の周辺 14 ピン×2 は CPU 直結ですが、ピンソケットは含まれていません。

そのため、BASIC・JavaScript のプログラミングが通常の使用方法となるでしょう。

EEPROM は IchigoIgai 側にある 5 ピンのピンソケットから接続する事が可能です。

(IchigoJam T・IchigoLatte プリント基板 の CN5 に同じ)

 ピンソケットを付けた場合、ピンの幅は IchigoJam U・T・IchigoLatte プリント基板と同じなので、

その規格に合わせた周辺機器(例えば PanCake プリント基板)を使用する事ができます。

 

IchigoDake と IchigoIgai を接続している USB 端子 4 ピン×2 は、上から見て、次の並びとなっています。

 

 IchigoIgai                      
 ●  KBD2 SCL IN3 VIDEO     KBD1 SOUND VCC GND  ● 
        IchigoDake        

 

※ SCL = 旧表記の EX1  ※ IN3 = EEPROM の SDA
※ VIDEO =  VIDEO1 と VIDEO2 が抵抗を経由して合わされたビデオ信号。ヒデオ端子の一部分。  ※ VCC = 3.3V

 

上下を裏返して差す事ができてしまいますが、逆側にピンはないので、電源を入れても動作しません。

 


 

2018年4月より、IchigoJam 向けのボード・周辺機器を使用できる DakeJacket が発売されています。

これを使用して IchigoJam T・IchigoLatte プリント基板 同等に使用する事が可能です。

ただし、DakeJacket には電源 USB 端子がありません。公式では MixJuice などからの電源供給を想定しています。

運営者は USB-シリアルモジュールから +5V を接続して正常動作を確認できています。もちろんパソコンとの送受も可能です。

 

DakeJacket 公式サイト

 

なお、IchigoDake は 2018年4月販売分より、DakeJacket 対応版 のファームウェアが入っています。

バージョンに D が付きます。バージョンアップは IchigoDake 公式サイトからファームウェアを入手し更新して下さい。

 

IchigoDake 公式サイト

 

下の写真は DakeJacket とほぼ同時期(2018年4月)に発売された IchigoDake IchigonQuest と合わせています。

 



IchigoJam U

2015年7月よりプリント基板「IchigoJam U」が PCN より公開・発売となっていました。

2016年7月より順次 PCN での製造・販売が終わっています。

2018年7月現在、基板以外は販売が終了していますが、販売店ではまだ他も含めて扱いがあります。

「U」は Universal からきています。ユニバーサル基板の間隔に合わせた基板にした事に由来しています。

 

下は運営者が実際に PCN (プログラミング クラブ ネットワーク) から

2015年7月(キット・完成品)および2016年5月(ハーフキット・基板のみ)に直接入手した時の IchigoJam U です。

IchigoJam U は CPU に入っているファームウェアが時期によって異なりますが、

IchigoJam 初代プリント基板と異なり、パーツは発売当初から変化していません。

 

IchigoJam プリント基板キット U

PCN 本体価格 1500 円 (消費税別・税込価格 1620 円)

 

IchigoJam 組み立て済完成品 U

PCN 本体価格 2000 円 (消費税別・税込価格 2160 円)

 


IchigoJam プリント基板ハーフキット U

PCN 本体価格 1750 円 (消費税別・税込価格 1890 円)

IchigoJam 基板 U(単品販売)

PCN 本体価格 180 円 (税込価格・税別 167 円)


IchigoJam U ショップのふうせん版

運営者が運営している ショップのふうせん で「IchigoJam U ショップのふうせん版」を発売していました。

ショップのふうせん が世界中からパーツを収集した独自仕様の IchigoJam U です。

パーツが違うため、外観は  PCN・IchigoJam 販売店が販売する IchigoJam U とは少し変わっています。

 

LPC1114FN28 の在庫切れで調達が不可能となった事により、2017年1月で販売を終了しました。

 



IchigoJam プリント基板 (初代プリント基板)

2014年から販売が行われていた IchigoJam プリント基板 は PCN での在庫が 2015年秋 になくなりました。

現在このプリント基板は IchigoJam 販売店に残っている在庫のみの販売となっています。

入っているファームウェアのバージョンは 1.0.1 以前となっていますが、最新版への更新が可能です。

従来基板は「税込価格」で、若干価格が安くなります。外部クリスタルを付けて IchigoJam U とほぼ同等にできます。

IchigoJam U より小さく、IchigoJam U とほぼ同じレイアウトなので、

IchigoJam U を経験していれば組み立てしやすい特徴があります。

 

下は運営者が実際に PCN (プログラミング クラブ ネットワーク) から
2015年1月(完成品)・3月(キット)に直接入手をしていた時の IchigoJam です。

販売・入手時期によって使われているパーツが異なっていたり、

圧電サウンダ・IC ソケットの付属、CPU に付けるピン配置ラベルなどに違いがあります。

 

IchigoJam プリント基板キット

本体価格 1500 円(税込価格・税抜 1389 円)

IchigoJam 組み立て済み完成品

本体価格 2000 円(税込価格・税抜 1852 円)



IchigoJam 他の販売形式

PCN で扱う IchigoJam としては上記以外にはんだ付け不要で組み立てできる ブレッドボード版、

キーボードやケーブル、ケースも一緒にした IchigoJam Get Started Set が一部店舗でも発売されている事があります。

IchigoJam 公式サイトPCN を確認してみて下さい。


aitendo 公開 IchigoJam 互換機 (ai.Jam シリーズ)

aitendo が IchigoJam 互換機を 2015年8月 から順次公開しています。

jig.jp および PCN から許可をとり、独自に製作した IchigoJam 互換機です。名称は ai.Jam をベースに展開しています。

2016年7月、IchigoJam T の互換機 ai.Jam-T などを追加しています。

当初 CPU は IchigoJam BASIC を入れていましたが、現在はファームウェアなしで販売されています。

そのため使用するためにはファームウェアをダウンロードし、LPC1114 へ書き込む必要があります。

 

IchigoJam | aitendo

 

下記写真は運営者が実際に 2015年8月 aitendo から入手して組み立てています。

完成した画像のピンソケット、足、ピン配置などのラベルは独自に用意しているもので、製品には付属していません。

なお、第7弾の ai.cafe は PanCake 互換機になります。PanCake で紹介しています。

 

なお、aitendo では IchigoJam U 以降を扱っていません。

(IchigoJam 旧プリント基板は扱っていましたが、間もなく ai.Jam 販売をはじめています)

 

aitendo 以外では次のところで扱いを確認しています。どちらも店舗は東京・秋葉原です。

ai.Jam (第1弾)

IchigoJam U に近い構成ですが、独自の部品になっています。

拡張接続が可能なスルーホールが多く、

電源 LED も付いていたり、と独自の仕様も見られます。

左は組み立てキット、右は基板のみ。

上記の赤基板以外に発売当初は緑基板も存在しています。

こどもパソコン「ai.Jam キット」| aitendo

こどもパソコン「ai.Jam」基板単体

  

ai.shuttle.jam (第2弾)

シャトルと発射台の2基板構成。特徴的デザイン。

シャトルのみでの動作も考えられています。

電源は汎用電源も使用できるように考えられています。

シャトル部と発射台部で分けられています。
上記は緑基板ですが、現在は赤基板になっているようです。

こどもパソコン「ai.shuttle.jam」キット | aitendo 

 基板単体 シャトル基板単体 発射台

 


ai.jam.pi (第3弾)

Raspberry Pi の基板・形状に合わせて作られていて、

Raspberry Pi の端子・ケースなどに対応しています。

こどもパソコン「ai.jam.pi」キット | aitendo

 

2線式breboジャム (第4弾)

ブレッドボードに必要パーツを載せます。

各パーツは個別販売も行われています。

2線式breboジャム | aitendo

 


ai.mini.jam (第5弾)

小さい基板の互換機。

電源はピンなどから供給です。

こどもパソコン「ai.mini.jam」キット | aitendo

 

ai.bat.Jam (第6弾)

ai.mini.jam に乾電池部を組み合わせたもの。

乾電池稼働を行う事ができます。

こどもパソコン「ai.bat.Jam」キット | aitendo


ai.robot.Jam (第8弾)

ロボット型の互換機、下部の端子は TXD・RXD 付。

ai.shuttle.jam の発射台を使用できます。

こどもパソコン「ai.robot.Jam」キット | aitendo

 

ai.jam.sandwich シリーズ

モジュールを縦に重ねて使用します。

isp@sandwichsound@sandwichmcu@sandwich

if@sandwichpwr@sandwichソケット&ヘッダ特別セット


ウルトラスモールai.jam

LPC1114FDH28 を用いた最小構成。

抵抗・レギュレータも小さいチップ部品です。

ウルトラスモールai.jam | aitendo

 

LPC1114書き込みキット

互換機シリーズの対象外になっていますが、

基板印刷やパーツは IchigoJam 向けとなっています。

LPC1114FN28書き込みキット | aitendo 

 


IC実装済み IchigoJam-T 互換基板

IchigoJam T の色・ロゴ違い。配置は全く一緒。
CPU は空のため、ファームウェア書き込みが必要です。

IC実装済みIchigoJam-T互換基板 | aitendo

 

ai.Jam-T キット

一見 IchigoJam T と同等のようで、

抵抗・コンデンサが面実装タイプになっています。

こどもパソコン「ai.Jam-T」キット | aitendo

 


ベーシック部品ボックス

IchigoJam-T 互換機版と組み合わせて
IchigoJam T キットに近い構成になります。

ベーシック部品ボックス | aitendo

オーマイ Jam

様々な色のパーツがケースに入っています。

カラフルなオリジナル IchigoJam を組み立てる事ができます。

オーマイJam | aitendo



IchigoJam EX

クガデン が発売する IchigoJam U 上位互換機です。

基板の大きさは純正 IchigoJam の約2倍。

その分基板上に備わっている部分も豊富で、
本体のみで行える機能が多いのが特徴です。

電子工作マガジン AUTUMN 2015 での掲載と共に

2015年9月発売を開始しています。

半田付け等の時間も IchigoJam の約2倍だと思って下さい。

 

DC 12V を汎用の電源アダプタ(5.5mm・2.1mm)で供給し、

モニタ電源などを IchigoJam EX 経由にできます。

5V の電源アダプタを使用する事も可能です。

UART 端子があり、USB-シリアルを直接挿せます。

USB-シリアル からの 5V 供給も可能です。

ファームウェア更新用の切り替えスイッチ部があり、

ファームウェア更新操作も素早く行えます。

EEPROM 取り付け部が基板にあります。

書き込み禁止スイッチ、EEPROM カセット部もあります。

EEPROM カセットは 2016 年 5 月より発売されています。

圧電サウンダ部が基板にあり、直接圧電サウンダを取り付けできます。

 

構成が多いため、電源供給手段によっては正常に動作しない場合はあります。 
他の IchigoJam・IchigoJam 互換機が動作する場合でも IchigoJam EX が動作しない場合があります。

IchigoJam EX 専用に電源を確保した方が安定して動作できるようです。

運営者の環境では CP2102 チップの USB-シリアルモジュール は使用できていますが、
ポータブル DVD プレーヤーの USB 端子は動作に問題がある状態でした。(他の IchigoJam・互換機は使用できます)

 

IchigoJam EX (組み立てキット) | 合同会社クガデン

 

aitendo でも IchigoJam EX の扱いがありますが、更に熟練者向けで

組立キットの構成はクガデンの通常構成よりも DC コネクタ・一部スイッチなどのパーツがなくなっています。

IchigoJam U に近い構成になっている状況です。(電源は microUSB 端子が付きます)

説明書などの紙類は一切ありません。説明書を見ないと基板の記載とパーツが一致できないため、

クガデンの Web サイトより説明書をご確認の上で組みてて下さい。

aitendo は扱っているパーツが豊富なので、必要なパーツは個々に購入できます。

CPU に入っているファームウェアは 1.0.1 クリスタルあり 日本語キーボード で固定です。

ピン配置ラベルシールは純正シールが付属していました。
(クガデンで付いているピンソケット部のラベルシールは付いていません)

パーツが手持ちにあるのであれば、基板単体で必要最小限に構築するのも良いでしょう。

 

IchigoJam EX(組立キット)| aitendo

IchigoJam EX基板単体 | aitendo

 

クガデン 契約の販売店は他にもあるようですので、今後 IchigoJam EX を扱う販売店は増える可能性があります。

 

IchigoJam EX と U・旧基板を比較するとこうなります。
基板の大きさは IchigoJam・U の約2倍。大きい!

PanCake プリント基板・EEPROM モジュール・

USB-シリアルを付けてもピンソケットの空きがあります。



SkyBerryJAM

SkyBerryJAM

IchigoJam互換機 “SkyBerryJAM” でも動作するJavaScript環境 IchigoLatte、入門書籍がいよいよ5/9発売! | about yum

 

栃木工業高校が製作。名称は 栃木のいちご スカイベリー から付けられています。

2017年3月より一般販売を開始していて、

主に栃木県の店舗・企業で販売されています。(IchigoJam 販売店とは異なります)

Web ショップで販売しているショップがあり、栃木県外の人でも入手しやすいです。

 

IchigoJam T がベースのようですが、基板にいろいろ追加されています。

  • USB-シリアルモジュール(CP2102 チップ仕様モジュールが付属)
  • EEPROM ソケット(32k~512k。64k 付属)
  • DCモータ駆動IC-L293D+専用端子
  • LED 5 個(IchigoJam BASIC 通常仕様+4 個追加。OUT で制御可能)
  • 圧電サウンダ
  • ISP・RESET ボタン

組立キットが 2500 円(製込)です。ショップにより完成品なども扱っています。


IchigoSoda / IchigoJam for sakura.io

さくらインターネットが開発している IchigoJam 互換機です。2018年5月より発売されています。

片面はほぼ IchigoJam T・S に同じ配置ですが、

もう片面は sakura.ioモジュール を接続できるシールドになっています。

sakura.io 関連のスイッチも付いています。

容易に使用できるよう、IchigoJam BASIC は IoT 版が追加対応されています。

IchigoJam 本体の中でも 5000 円(税別)と高めの価格ですが、完成品で、半年の保証付きでもあります。

(sakura.ioモジュール が 8000 円(税別)なので、これだけで 13000 円です)

 

安定動作の考慮か、クリスタル・抵抗・コンデンサなど、

使用しているパーツも他の IchigoJam・IchigoJam 互換機とは異なります。

 

商品の購入 | sakura.io


その他 IchigoJam・IchigoJam 互換機

IchigoJam・IchigoJam 互換機は他にもいくつか公開されています。

パーツ構成が少ないので、パーツを揃えてユニバーサル基板などで動作させる事も可能です。