準備・使い方



MixJuice の仕様

MixJuice は Espressif Systems の SoC である ESP8266EX を搭載した Wi-Fi モジュール 

ESP-WROOM-02 を使用しています。ESP-WROOM-02 の仕様は次のとおりです。

  • IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)
  • WPA・WPA2
  • WEP・TKIP・AES 対応
  • 電源電圧 3.0-3.6V(LPC1114 の 3.3V に同等)
  • 消費電流 平均 80mA

合わせて MixJuice は現在次の制限があります。

  • DHCP 必須(ネットワーク内に DHCP サーバが必要)
    固定 IP アドレスは現在ところ対応していません。

MixJuice に使用できる IchigoJam

MixJuice では対応している IchigoJam BASIC ファームウェアは 1.1.1 以降となっています。1.2.0〜1.2.1 も動作可能です。

1.0.1 以前を使用している場合は IchigoJam のファームウェアも最新バージョンへ更新して下さい。

 

IchigoLatte は 0.7 以降で動作可能になっています。

 

MixJuice を重ねる事ができる IchigoJam・互換機の種類

多くの場合 PanCake プリント基板 と同じですが、CN5 端子も足長ソケットになっているため、その影響を受ける場合があります。

 

重ねる事が可能な IchigoJam・互換機

  • IchigoJam T
  • IchigoJam U
    CN5 端子にピンソケットを付けると
    MixJuice との電源共有が可能です。
  • ai.Jam (CPU の外側にピンソケットを付けた場合)
    CN5 端子の足長ソケットがボタン SW2 に当たります。
    ボタンにキャップを付けていると使用できません。
  • ai.shuttle.jam (CPU の外側にピンソケットを付けた場合)
    シャトル部分を横にした状態での使用をおすすめします。
  • ai.jam.pi (CPU の外側にピンソケットを付けた場合)
  • ai.mini.jam (CPU の外側にピンソケットを付けた場合)
  • ai.bat.jam (CPU の外側にピンソケットを付けた場合)
  • ai.robot.jam (CPU の外側にピンソケットを付けた場合)
    ai.shuttle.jam 発射台を用いず
    横にした状態での使用をおすすめします。
  • mcu@sandwich (外側にピンソケットを付けた場合)
    ai.jam.sandwichシリーズ。
  • IchigoJam EX (CN2 にピンソケットを付けた場合)
    CN5 の足長ソケットが 22μF コンデンサに当たります。

ジャンパワイヤ必須の IchigoJam・互換機

  • IchigoJam 初代プリント基板
    CPU-ピンソケット間の幅が異なるため、重ねる事ができません。
  • 2線式breboジャム (標準状態)
    LED ボタン部を外すと使用可能のようです。
    大きなブレッドボードへの変更を推奨します。 

  • IchigoJam EX (ゼロプレッシャー装着時) 

ジャンパワイヤ接続で使用する場合、

CN2・3 をブレッドボードへ

挿した状態で使用すると安定します。

 

大きいブレッドボードを

使用する場合、

5 ピンの CN5 を一緒に挿さないよう

ご注意下さい。

CN5 をブレッドボードに挿すと、CN3 と端子が異なるため、

動作できなくなり、最悪故障する場合があります。



CN6 と電源供給

少なくても MixJuice には電源供給が必要です。

 

CN6 を接続した場合、MixJuice は IchigoJam へ電源を供給します。

そのため IchigoJam には microUSB の電源を接続しないで下さい。

CN6 を外している場合は、IchigoJam へも電源供給を行う必要があります。

別々に供給した方が安定動作します。

 

MixJuice が使用する ESP-WROOM-02 の消費電力が大きいため、

USB-シリアルモジュール経由では動作しない場合があるかもしれません。
microUSB 経由で電源を供給するのが良いでしょう。

IchigoJam EX や ai.shuttle.jam は AC アダプタ使用が良いかもしれません。


LED の状態

MixJuice には 3 つの LED が付いています。それぞれの LED には次の意味があります。

  • LED1  緑 = 接続・モード
    点滅 = Wi-Fi アクセスポイントへの接続中
    点灯 = Wi-Fi へ接続している状態
    消灯 = Wi-Fi の接続をしていない状態
    若干の点灯 = ファームウェア更新モード
  • LED2  赤 = 送信
    点灯 = コマンドなどを送信している状態
  • LED3  黄色 = 受信
    点灯 = コンテンツなどを受信している状態

MixJuice の動作・ファームウェアのバージョンを確認する

IchigoJam BASIC

IchigoJam の電源を入れた後、

MixJuice の電源を入れて下さい。

(この時文字化けした文字列が出力されますが正常です)

 

とりあえず次のコマンドを入れてみましょう。

 

?"MJ VER

※ ? は PRINT の省略表記です。

※ 末尾に " を付けても動作します。

 

こう入力すると、次のように返ってきます。

 

'NG: MixJuice-(バージョン)

 

「NG」と出てきて正常です。
VER というコマンドは存在しないためです。

 

このように MixJuice では存在しないコマンドの場合に
NG とファームウェアのバージョンを表示します。

IchigoLatte

IchigoJam の電源を入れた後、

MixJuice の電源を入れて下さい。

 

次のコマンドを入れてみましょう。(太字部分を入力します)

 

lash>echo > uart;echo MJ VER> uart;cat UART 

 

文字化けした文字列が出てきて正常です。

最後に

 

'NG: MixJuice-(バージョン)■

 

と表示されます。この表示を確認したところで Esc キーを押し

lash> の表示を出して下さい。

 

最初の echo > uart は文字化けした文字列により、

コマンドが受け付けられない可能性があるため、

一度改行を入れています。



Wi-Fi への接続

まず MixJuice を Wi-Fi へ接続する必要があります。

 

IchigoJam BASIC

まず無線 LAN アクセスポイントを探します。

 

?"MJ APL

 

とすると、一覧を返します。下は一例です。

 

'BALLOON-123

'BALLOON-WEP-123

'OK

 

これで正常に MixJuice が動作しています。

MixJuice は多くの場合行頭に ' を付けて返します。
これは IchigoJam が BASIC コマンドとして
認識しないようにするためです。

 

?"MJ APC (アクセスポイント名) (キー)

?"MJ APC BALLOON-WEP-123 12345 (例)


キーは WEP の場合 5 桁、
WPA はもっと長い英数になっているでしょう。
アクセスポイント名に空白が含まれる場合は
\ を空白の前に入れて下さい。

(ファームウェア 1.0.2 より対応)

正常に接続すると

 

'WiFi connected: (IP アドレス)
'OK

 

を返します。これで Wi-Fi へ接続されました。

IchigoLatte

まず無線 LAN アクセスポイントを探します。

 

lash>echo MJ APL> uart;cat uart

 

とすると、アクセスポイントを返します。下は一例です。

 

'BALLOON-123■

'BALLOON-WEP-123■

'OK■

 

これで正常に MixJuice が動作しています。

IchigoLatte は改行コード CR を ■ 表示にするため、

末尾に ■ が付いている状態で正常です。

Esc キーで lash のコマンドラインに戻します。

 

lash>echo > MJ APC (アクセスポイント名) (キー)> uart;cat uart

echo > MJ APC BALLOON-WEP-123 12345> uart;cat uart (例)

 

(キー)の後ろは空白を入れず> uart を続けて下さい。
(上の例では 5 と > の間に空白を入れない)

正常に接続すると

 

'WiFi connected: (IP アドレス)■
'OK■

 

を返します。これで Wi-Fi へ接続されました。


 

なお、一度接続すると、MixJuice の電源を入れただけで APC で最後に設定していたアクセスポイントに接続を行います。
そのため、通常は再度電源を入れた後、接続作業を行う必要はありません。これはプログラムでも同様です。


URL を入力し、表示する

コンテンツ で MixJuice 向けのコンテンツを公開しています。いろいろ触れてみて下さい。

 

IchigoJam BASIC

例えば、次を入力します。

 

?"MJ GETS fu-sen.github.io/IJPRG/

?"MJ GETS FU-SEN.GITHUB.IO/IJPRG/ (MixJuice 1.0.5〜)

 

大文字・小文字は記載とおりに入力して下さい。

 

'ERROR: 404

 

などと ERROR が表示されている場合、多くは入力の誤りです。

正常に動作しているのであれば、
一番下の URL に続けて BASIC コマンドを含めてみましょう。

 

?"MJ GETS fu-sen.github.io/IJPRG/BALLOON

IchigoLatte

例えば、次を入力します。

 

echo MJ GETS fu-sen.github.io/ilprg/>uart;cat uart

 

大文字・小文字は記載とおりに入力して下さい。

 

'ERROR: 404■

 

などと ERROR が表示されている場合、多くは入力の誤りです。

正常に動作しているのであれば、↑ (カーソルキー上)で
入力したコマンドが出てきます。修正すると楽でしょう。

 

echo MJ GETS fu-sen.github.io/ilprg/balloono>uart;cat uart



プログラムのダウンロード

MixJuice をよく用いるのはプログラムのダウンロードでしょう。手順を紹介します。

 

IchigoJam BASIC

すでにプログラムが IchigoJam にある場合は削除して下さい。(SAVE しておくとなくなりません)

 

NEW

 

あとは表示する方法に同じです。 MJ GET または MJ GETS コマンドを用います。

 

?"MJ GETS fu-sen.github.io/IJPRG/MAZE

?"MJ GETS FU-SEN.GITHUB.IO/IJPRG/MAZE (MixJuice 1.0.5〜)

 

正常であれば、プログラムが画面に表示されていきます。場所によっては NEW や CLS のコマンドも自動的に実行されます。

 

IchigoLatte

lash で操作します。コマンドが若干異なります。このコマンドを実行した段階で現在入っているプログラムは消えます。

 

echo MJ GETS fu-sen.github.io/ilprg/kazuate>uart;cat uart > .

 

正常な場合は MixJuice の LED3 が少しの間光っています。これがプログラムをダウンロードしている状態です。

画面は表示されなくて正常です。そのままお待ち下さい。

LED3 が消えたら Esc キーで lash へ戻ります。

vi または cat . としてプログラムが正常に受信されている事を確認して下さい。