IchigonQuest の Q&A



ぼうけん● を選んだ後 つくる などを選択すると LED が点滅して再起動します。

これは IchigoJam BASIC や IchigoLatte を使用していた LPC1114 に
IchigonQuest のファームウェアを更新した場合に発生します。

 

IchigonQuest のファームウェアを入れた際に消去していない場合、
IchigoJam・IchigoLatte のデータが残ってしまっているために

意図しないデータを読み込んでしまう事で発生します。

 

この状態に遭遇した場合、ぼうけん● - けす で一度中身を削除して下さい。これで正常に動作できます。


項目が多いと目的の項目を選ぶのに時間がかかります。

枠内に表示しきれない場合、枠の上に ← → が表示されています。

この方向に矢印キーを押すと表示されていない部分の続きを表示します。


ごーとぅ・GOTO または ごーいふ・GOIF を最後に加えたいのですが、指定できません。

先に ごーとぅ・GOTO または ごーいふ・GOIF の飛び先部分を作って下さい。

その後 ごーとぅ・GOTO または ごーいふ・GOIF を入れたい行を選び、
いれる を選ぶと 1 行挿入され、選択した行から下へずれます。


ぷりんと・PRINT で特定の英字は入れられないのですか?

ぷりんと・PRINT を選択した時のキャラクターに限られます。文章は表示できません。

数字は一度 はこ に入れた後、ぷりんと・PRINT - どうぐ - はこ● で表示可能です。

空白は どうぐ の上にある空行で出力できます。

 

この仕様より、IchigonQuest のビデオ画面表示は ぼうけん の生成と簡単な表示に限られ、

実際の ぼうけん を動作させるのは えるいーでぃ・LED や いん・IN および あうと・OUT を用いた

外部入出力を行う事を主に想定していると思われます。


ぷりんと・PRINT の最後「どうぐ」の上が空いているのですが?

1.0.0a2 より発生していますが、これで正常です。
「どうぐ」の上にある空いてる項目は空白 1 文字を出力します。厳密には NULL 文字です。


横に連続して表示させていきたいのですが、ぷりんと・PRINT を使用すると次の行へ移ってしまいます。

IchigonQuest の仕様上、ぷりんと・PRINT は文字の後改行しています。

表示位置は ろけーと・LC で指定できるため、
ろけーと・LC で位置を指定しながら ぷりんと・PRINT で出力していく事になります。


ぼうけん(プログラム)は電源を切ったら消えますか?

IchigoJam BASIC や IchigoLatte のプログラムと同様に ぼうけんしょ は本体に保存されます。

具体的には ぼうけんしょ の表示から Esc キーで つくる などのメニューに戻るタイミングで一瞬画面が見られます。

このタイミングで本体へ ぼうけんしょ が保存されます。この状態で保存された後は電源を切っても消えません。


IchigonQuest をバージョンアップしたところ、動作が変わりました。

一部コマンドで分離させて新たなコマンド化するなど、仕様が変化する事により、

バージョンアップで従来のコマンドが動作しなくなる場合がまれに発生します。

1.0.0 までで次のコマンドが分割されています。

  • 0.6.1 で GOTO→ GOTO・GOIF に分割されています。
  • 1.0.0 で OUT→OUT・OUTP に分割されています。

ファームウェアに含まれているドキュメント readme.ja.txt の update に変更の記載がありますので、

それを参考に ぼうけんしょ を更新して下さい。


つうしん を試しましたが、不明なコードがでてきました。どのように使うのですか?

IchigonQuest の つうしん は内部コードをそのまま転送します。

USB-シリアルを用いてパソコンなどへ保存するのではなく、IchigoJam 同士を接続して転送します。

オス-オス(ピン-ピン)のジャンパワイヤで、2 台の IchigoJam を次のように接続します。

  • GND-GND
  • TXD-RXD
  • RXD-TXD

受け取る側の IchigoJam で ぼうけん● - つうしん - うけとる として受信待機状態にします。

送る側の IchigoJam で ぼうけん● - つうしん - おくる とします。これでプログラムが転送されます。

 

ターミナルソフトでバイナリーファイルとして受信・送信すれば、
パソコンから ぼうけんしょ を見る事はできませんが、ぼうけんしょ を保存できるかもしれません。

IchigoJam BASIC・IchigoLatte の初期状態同様、通信速度は 115200bps になっています。


作成した ぼうけん を公開・配布する方法は?

上項目にあるとおり、IchigonQuest では IchigoJam 同士での転送に対応していて、

パソコンで受け取る場合はバイナリーコードを送出させるため、意図しない表示になります。

 

ぼうけんしょ をそのまま記載したり、画面をキャプチャするのが一つの手段です。

 

IJUtilities が中間コードを IchigoJam BASIC に近いコードに
変換する機能を実装しています。これを使用して配布する事ができます。

 

IJUtilities

 

一部 IchigoJam BASIC とは異なる固有のコードになるため、
そのままでは IchigoJam BASIC で実行できない場合があります。

 

ぷりんと・PRINT のキャラクターはそのまま画面表示させます。

このキャラクターコードは通常の半角文字で使用されないコードのため、

そのままコピー・貼り付けするとコードが変換され、化けてしまいます。

そのため、配布する場合はファイル保存し、

そのファイルをそのまま公開し、ダウンロードできるようにして下さい。

 

これらの方法で IchigonQuest/ぼうけんしょのきろく は公開しています。


IJUtilities 経由で ぼうけんしょ を IchigonQuest へ変換したところ、正常に動作しません。

IJUtilities で一部のコード変換がおかしくなる場合があります。

主に IchigonQuest のバージョンアップで機能追加された仕様が考慮されていない場合に発生します。

IJUtilities 上と IchigonQuest 上の ぼうけんしょ で異なる場合、

ネット上で ぼうけんしょ が公開されている場合はそれも含めて、IJUtilities の作者へ報告して下さい。

その際は具体的な送信コマンドと IJUtilites-IchigonQuest の送受を連絡すると確実です。


ABC 版と あいうえお 版で つうしん できますか?

はい。異なるファームウェア間で つうしん した場合でも

共通の中間コードで送受しているため、問題なく変換・表示されます。

これは 日本語版-英語版 や 地方版 も有効です。


EEPROM は対応していますか?

IchigonQuest 1.0.0 現在、EEPROM は対応していません。本体保存の ぼうけん0~7 のみです。

必要な場合は IJUtilities 経由でパソコンへ保存して下さい。


ピン配置や画面表示は IchigoJam BASIC・IchigoLatte と同じですか?

基本的に IchigoJam BASIC や IchigoLatte の初期状態と同じに考えて良いようです。

  • 画面は X(横座標)が 0~31、Y(縦座標)が 0~23 です。0 は左および上になります。
  • ろけーと・LC で Y が 23 の時、ぷりんと・PRINT するとスクロールします。
  • ピン配置(IN・OUT など)はプリント基板などで記載している配置になります。
  • SND と GND 間で圧電サウンダを付ける事で音を出力します。